カテゴリー
未分類

サラリーマンと会社の考え方のギャップ

毎日会社に行って一生懸命働いていても、なかなか貯金が増えないという人も多いんじゃないでしょうか。
それはもしかしたら、この先もずっと同じ状況が続いていくかもしれません。
会社にいって真面目に働いてさえいれば、いつかきっと会社が認めてくれて給料を上げてくれるはず!と思っていても、意外とそうならないことのほうが多いようです。
わたしたち働く側と雇う側の会社の考え方にはそれぐらいのズレがあります。
働く側からするとできるだけたくさんのお金をもらいたい、それに対して雇う側からするとできるだけ安く労働力を買いたいと思っているからです。
当たり前といえば当たり前ですが、サラリーマンの多くは「自分は社畜だ」と自虐しながらも、毎日真面目に会社に行っていればいつか報われる日が来ると思っている人が多いように思います。
でも、報われたらラッキーぐらいに思っておいて、基本的には幻想と思っておいたほうがいいでしょう。
特に中小企業など、オーナー兼社長というような独裁の会社は特にそうです。
だから、できるだけ早い段階で今の会社に依存しないスキルを身に着けておくことが、とても大切です。
今までの幻想を捨てて、もしこれから本気でお金を増やしていきたいと考えているなら、プログラミングスキルを身に着けるのが得策です。
今後はAIの発達によって、単純な仕事は淘汰されていくといわれています。
でもAIといっても、所詮は人が作ったプログラムで動いているにすぎません。
AIが発達した世の中になったとしてもシステムを作る作業、つまりプログラミングの仕事が無くなることはありません。
むしろ、どんどん必要とされることになります。
それ以前に今の転職市場ではプログラミングができる人は圧倒的に売り手市場です。
プログラミングは一見とても難しそうなイメージですが、意外とそうでもありません。
英語を習得するよりもよっぽど簡単ですよ。
学校教育ではプログラミング実習は必須になりましたが、社会人であっても焦る必要はありません。
今はプログラミングスクールが充実しています。
その中でもおすすめなスクールはコーチテックです。
2ヶ月という短期間で、値段も良心的という特徴があります。
コーチテック 値段
値段が安いからと言って、質が悪いということは決してありません。
コーチテックはよくある受動的な授業形式ではなく、コーチングを採用しています。
専属コーチがしっかりサポートしてくれてモチベーションも維持できるので、しっかりとスキルを習得することができます。
効率的なので時間もお金も抑えられるというわけです。
本気でお金を増やしたいと思っている人におすすめなプログラミングスクールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です